投稿

6月, 2017の投稿を表示しています

第一回伊那市LoRaWANハッカソン開催報告

イメージ
実行委員会の竹之下です。2017年6月24日、25日の二日間に渡り、第一回伊那市LoRaWANハッカソンを無事開催することができました。参加者、関係者の皆様に御礼申し上げます。


参加申し込み44名のうち、実際の参加者は39名と非常に高い参加率でした。また、地元伊那市と東京からだけでなく、熊本、岡山などの他地域からの参加もあり、参加者の意気込みを感じます。

ハッカソンの様子は、IoT NEWSさんにも早速取り上げていただいています。また、地元紙の長野日報さんにも記事が掲載されたとのことです。感謝!

伊那市LoRaWANハッカソン ーina-hackレポート(IoT NEWS)
役立つIoT向け無線通信提案 伊那市で大会(Nano Nippo Web)


参加者は8つのチームに分かれて、地元の課題を地域の方に伺った後、アイデアソンを実施、その後、ハッカソンを行うという流れで取り組みました。とても限られた時間の中、多くのチームが発表時に動くデモまでたどり着いており、とてもレベルが高いイベントとなりました。



審査は下記の5つのポイントで行いました。本取り組みは、単発のハッカソンで終わるのではなく、最終的にビジネス化までを見据えた取り組みとなっているため、事業性が審査項目に入っています。
・革新性とユニークさ(今までにないアイデアか)
・実用性と実装性(実際に開発かのうか、動作するか)
・デザイン性(洗練されたデザインか、訴求力があるか)
・事業性(ビジネスとしての可能性はあるか)
・テーマ性(テーマに沿った価値を提供できているか)

優勝はチーム07で、くくり罠の作動通知システムと、高齢者の見守りシステムがテーマでした。とても安価に構築するアイデアや、説明は早々に切り上げて実際の動作デモを見せたことで、実現性が高く評価されました。優勝チームには賞金10万円と地元特産のシードルが贈呈されました。おめでとうございます!

第一回が終わった後も、さっそく実利用のオファーが来たり、ハッカソンの実施方法について様々なフィードバックをいただいており、参加者の間では盛り上がり続けています。

そして!第二回は2017年8月26日・27日に開催予定です!皆様、日程の確保をお願いいたします!

P.S. 中途半端になってしまった技術情報は、第二回に向けて継続的にアップしていきます。引き続き、本ブログを…

Platioで簡単に作れるセンサー活用モバイルアプリ 第三回

イメージ
いよいよハッカソン当日!
みなさんと色々なアイデアを形にするのが楽しみです!

ラストの三回目はPlatioを活用してみよう!です。

すみません、PCのトラブルで記事が書けず、更新が当日になってしまいました🙇
急ぎ更新したため、不親切な部分や多少のミスがありますので、画像も含め徐々にアップデートしたいと思います!

今回は活用の一例と最後に役に立つ情報をご紹介します!


第二回ではデータをどんどん追加していくものを作成しましたが、
今回は現在の情報をアップデートしていくサンプルを作成します!

今回利用するのは位置データになります。
活用する事で例えば配送トラックの位置情報を知るものや、見守り系のアプリを作る事も出来ます!


今回はうちの猫にセンサーを付けて、居場所をトラッキングするアプリを作ってみます。

今回のハッカソンのLoRaWANセンサーでもGPSのデータを取ることが出来ますので、是非活用してみてください。

まずは地図が表示されるテンプレートを選びます。


気象データのテンプレートから作ってみましょう。


すみません、設定については以下を参考にしてください。
後でちゃんと解説に書き換えますね。
ポイントは場所のフィールドの設定で現在の場所を初期値として設定するにチェックを入れるところです。






猫の写真、名前、状態は家付近にしましょう。
場所は自動入力になっています。


次にこのFlowをenebularにインポートします。


[{"id":"a4b1fb47.8e6388","type":"comment","z":"2e5a538e.91211c","name":"レコード情報を取得","info":"","x":118,"y":661,"wires":[]},{"id":"a7b2de76.17a17","type":"inject","z":"2e5a538e.91211c","na…

いよいよ!

イメージ
実行委員会の村上です。
準備も整い、もう少しで開場です。
今、最終の準備中です!

さて、沢山の人が集まりアイデアを出し合うのも楽しみですが
伊那市の魅力を体験するのも楽しみの一つ。

参加者の方にはお配りしますが、伊那市のおすすめスポットを作成しました。
全て制覇すると、伊那市マスターになれる、かも。

それでは!




Platioで簡単に作れるセンサー活用モバイルアプリ 第二回

イメージ
こんにちは、インフォテリア株式会社の吉谷です!

第一回に引き続きまして、Platioの記事を書かせていただきます!

ウフル竹之下さんからHTTP RequestによるAPI連携の話も投げていただきましたが、尺の都合?で今回はFlowのテンプレートで進めたいと思います。すみません😅

わかりにくい部分などありましたら、現地やコメントなどでご質問ください!
第一回: まずはPlatioでアプリを作ってみよう第二回: センサーデータをPlatioで表示してみよう ← 今回はこちら第三回: センサーデータを使ってPlatioで様々な表現をしてみよう 今回はハッカソンのシステムをベースに見据えつつ、
第一回「まずはPlatioでアプリを作ってみよう」で準備したアプリにセンサーデータを送り、
モバイルビューワーとしてモニタリングに活用出来るところまでを解説します。

また、PCでデータを確認・活用に繋げる部分もご紹介します。
ハッカソン全体の構成については竹之下さんの書いた以下の記事を是非参考にしてください!
技術情報その1:ハッカソンのベースシステム
技術情報その2:enebularによるLoRaWANデータの処理

IoTの構築は様々な技術が相互に必要になり、複雑に感じるかもしれませんが、一つ一つを分解して考えれば難しくはありません。
まずは作ってみましょう😉
以下の流れで解説します!

「Platio Webアプリ」を開く Platio開発者ページで必要な情報を確認 enebularでPlatio APIの連携設定 想定データを流して確認
それでは早速やってみましょう! 1.「Platio Webアプリ」を開く まずはPlatioのAPIを使う準備の為に、「Platio Webアプリ」と呼ばれるページを開きます。