伊那市の名物・迷物は?

皆さん「おはこんばんちわ」(世代がバレますねw)
LoRaWANハッカソン実行委員会の鄭(てい)です。

今回のタイトルですが、名物を入力したつもりが、なぜか迷物と変換されてしまったのが面白かったので、
採用してみました(笑)

さて皆さん、「伊那」と言われて、何を思い浮かべますか?















蕎麦・・・そうですね。大変美味しいですw特に「高遠そば」は絶品!















ソースカツ丼・・・はい、お隣の駒ヶ根市と元祖争いしてますw(僕は伊那が元祖だと思ってます)













日本酒・・・獺祭ほど有名ではありませんが、とても美味しい地酒が、たくさんございます。

これらのどこが迷物だって?という声が聞こえてきそうです。
はい、これはどう見ても「名物」ですよね。

それでは、ここから先は「迷物」をご紹介しましょう。
(間違っても伊那の人に、「これって迷物だね」と言ってはいけません!怒られる可能性が高いですw)











・・・はい、そうです。これが伊那谷名物「ざざむし」です。
伊那谷が世界に誇る(?)食虫文化の代表格です。
味は・・・佃煮なので、特別変な味はしませんよ?いや、ホントだってばw
他にも、蜂の子(はっきり言って「高級食材」です!マジだってw)、
いなご(これも佃煮なので、美味しいですよ?脚が引っ掛かる以外はw)、
お蚕(ごめんなさい。これは僕も食べたことないです・・・)
これを食べられると、伊那の人から奇みょ・・・尊敬の眼差しで見られ、
直ぐ打ち解けることが出来ること間違い無し・・・のはずw

それではお口直しに(ヲイ

伊那市が誇るB級グルメ「ローメン」をどうぞ!












某「ケン○ンSHOW」(僕も映りました)にて紹介され、一瞬Twitterでバズった(かもしれない)アレです。
出されたままでは完成形ではないという、不思議な食べ物「ローメン」
各々、ソース・酢・ごま油・一味辛子など(店により若干異なります)を自分好みに掛けて食べます。
乗ってるお肉はマトン(一部豚肉のお店もあります)で、食べた人が
「また食べたい!」「もう二度と食べたくない!」と評価を二分させる不思議な魅力?があります。
伊那にお越しの際は、ぜひこれらを味わって頂ければと思います。

次は、オススメのお店の紹介などをしていきたいと思います。
お楽しみに〜(^o^)丿

コメント

このブログの人気の投稿

LoRaWANの下り通信

遅ればせながら・・・第2回のレポート前編

enebuler X MotionBoard による、IoT リアルタイムモニタリング