LoRaWANハッカソンの舞台「伊那市」とは…

このブログをご覧の皆さん、初めまして。
伊那市LoRaWANハッカソン実行委員会の鄭(てい)です。
早速ですが、今回LoRaWANハッカソンの舞台となる、長野県伊那市についてご紹介したいと思います。
長野県伊那市は、長野県南部における中心市のひとつで、人口約6万7千人面積約668㎢の中規模都市となります。
新宿から高速バスで約3時間半、名古屋から約3時間と首都圏と中京圏のほぼ中間に位置しており、どちらからも訪れやすい場所となっております。
諏訪湖周辺から天竜川流域は精密工業地帯として知られており、
伊那市もロジテック・ケンウッド・オリンパスといった皆さんもご存知の企業や、KOA・ルビコンなどの精密部品企業、伸和コントロールズや
北沢バルブ、「かんてんぱぱ」ブランドで有名な伊那食品工業などの生産拠点となっています。
また自然豊かな地であり、東は南アルプス・西は中央アルプスに囲まれ、
その中心部を諏訪湖から流れ出る天竜川と某天然水で有名な南アルプスから流れ出る三峰川が貫き、雄大な景色を作り出しています。
そして、その山々から流れ出す栄養豊富な清流により育まれる
美味しい米と、その米から醸される数多くの美味しい日本酒などが名産となっております。

と伊那側からの第1回目は、簡単な伊那市の紹介とさせて頂きました。

これからしばらく伊那市側からは、わたくし鄭と伊那市有線放送農業協同組合(通称:いなあいネット)スタッフによる様々な「伊那市情報」をお届けしていきますので、どうぞお付き合いのほど、よろしくお願い致します。

コメント

このブログの人気の投稿

参加者募集中!

enebuler X MotionBoard による、IoT リアルタイムモニタリング