遅ればせながら・・・第2回のレポート後編

伊那市LoRaWANハッカソン実行委員会の鄭です。
そうです、やっと後編です・・・

皆さん、朝早くから会場に集ってきているのに、開いていない!?
しかもスタッフが来ていない?
(僕も免許証を自宅に忘れ、慌てて取りに戻ってましたw)
そうこうしているうちに、一部の参加者の方は玄関の外で外付けディスプレイを置いて開発をスタート!
会場がオープンするも、なんとあるスタッフは寝坊?!
あまりの堂々っぷりに、みんな苦笑いでしたw
閑話休題・・・

2日目は午後からプレゼンが控えているため、みんなもくもくと開発に勤しんでおり、
スタッフもその様子をじっと見守っている状態。











そしてお昼・・・
ランチタイムはもちろん「ざざむし」!(ヲイ

みなさん、もう抵抗なく食べてますw
これで、万が一食糧危機になっても、生き残っていけるかも!?

さて、昼休みも終わり、開発も終盤へと差し掛かってます。
チームによっては、会場の外へ行きフィールドテストを行なうところも出てきています。

さて、うまくいったのでしょうか?

そして、開発時間が終了しプレゼンタイム到来です。
各チームが知恵を絞った結果が、披露されていきます。
(詳細は省略させていただきます)



















一通りプレゼンが終了し、別フロアにて審査員による厳正な審査が行われます。
前回もそうでしたが、各チームとも素晴らしいアイディアでどれも商用化できそうなものばかりでした。
その中から、これはというものを選び出すのはなかなか大変で、審査員の皆さんもかなり悩んでいました。
そして、審査が終わり、結果発表・・・
結果が発表されるたびに、会場内に拍手やどよめき等が響き、お互いに健闘を称え合う姿が見られました。


最後に八子さんから審査の詳細の説明、信州大学総合情報センターの不破泰センター長様より講評を頂き、第2回伊那市LoRaWANハッカソンは幕を閉じました。


さて、次回のハッカソンは・・・
10月21・22日開催予定!
参加申込みはこちらにて!
前日の20日は、ハッカソン主催の伊那市有線放送農業協同組合「いなあいネット」が、
日本初のADSL実証実験を行なってから20周年を記念する特別講演会を行ないます。
また、18日から21日まで行われる「ドローン・フェス in INA Valley」や
15日から11月12日までの「信州そば発祥の地「伊那」五週連続ぶっとおしそば三昧」もぜひご参加ください!

コメント

このブログの人気の投稿

LoRaWANの下り通信

遅ればせながら・・・第2回のレポート前編

enebuler X MotionBoard による、IoT リアルタイムモニタリング